読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役高校生の徒然神様日記

サンクチュアリ等々について学生視点、若者視点で考えます

マティス長官

軽い気持ちでブログを始めたのだが、予想以上に反応があり、驚いている。

 

また、大手ブロガーのシャボン玉さんにも紹介して頂いた。ありがとうございます。

 

日本語で読めるトランプ大統領のツイッター♪♪ - シャボン玉のブログ

 

 

さて、最近はあまりニュースを見ていないのだが、マティス長官が来日したということである。そして、天運を失ってしまっている日本と韓国は国を守るためにマティス長官を熱烈に歓迎しなければならないそうだ。

 

私は最初この話を聞いたとき、正直そんな些細なことで国の存続が決まるかしら、と思ってしまった。

 

しかし、過去神様に侍って来た人は、どんな些細なことのように思えることでも、その責任分担を果たせないと大きな失敗になってしまうということが多くあった。アブラハムの献祭の失敗などはその代表例である。また、今の家庭連合は、家庭盟誓も天聖経も少し変えただけだというのだろうが、それなんかは非常に大きな問題である。

 

こういった歴史を踏まえたとき、我々は神様のいうこと、そして、その神様の御言葉を伝える亨進様の話について絶対的な信仰を持って従わなければならないということが分かる。

 

私なんて、まあそのくらいいいだろうと思ってしまう質なので、このことをしっかりと心に刻まなければならないようだ。

 

ただ、マティス長官の歓迎には、東京には近くはないし、時間的金銭的余裕もないので、行くことはできなかった。ですから、我々の代表として歓迎イベントに参加してくださった方々には感謝申し上げます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村